トップページ >  電話番号・職業「重要な属性①」

電話番号・職業「重要な属性①」

電話番号が重要なのは「消費者金融からお客様に連絡をきちんと行えるかどうか」に関係するからです。
電話がなければ督促の通知などができない為に消費者金融は嫌がります。 電話番号に関しては自宅固定電話と携帯電話がありますが有利・不利は下記の通りとなります。

自宅固定電話 + 携帯電話

最も有利なのは当然ですが「自宅固定電話」と「携帯電話」の両方を持っていることです。
何かあったときに連絡の取れる手段が複数あるわけで評価は高くなります。

自宅固定電話

次に自宅固定電話となります。

なぜ自宅固定電話が有利かと言えば、自宅の電話番号は電話加入権がありますのでそう簡単に番号を変更することもできません。
それゆえに携帯電話と比較すると信用性が高いです。

携帯電話

一方、携帯電話は契約も解約も簡単にできますのであくまで連絡手段という最低限必要な意味合いでしかなく、有利になることはありません。
ちなみに携帯電話での登録は過去は認めていない消費者金融会社もありました。
ですが、昨今の携帯電話の普及度合いから今そのようなことを言う消費者金融はありません。
若年層になると固定電話を持っていないという人も増えてきていますし携帯電話でも大丈夫になってきました。

職業に関して
評価の高い職業

一般的に言うと、「離職率の低い職業」は優遇されます。
安定的な職業であれば回収し損ねる可能性が低くなります。

ですから「公務員」などは非常に歓迎されます。
また「サラリーマン」などの会社勤めの人も安定的な職業と認識してもらえます。


評価の低い職業

逆に「離職率の高い職業」、つまり不安定な職業は評価が低くなります。
キャバクラ勤めなどの水商売関係、工事現場の日雇い労働者などの「日銭商売的な職業」や、「契約社員」等がその例となります。
タクシー運転手、売れてない芸能人、作家なども評価は低くなります。
また「自営業者」も稼ぎが不安定という点から評価が低くなります。


↑ページトップ