トップページ >  年齢・未既婚「重要な属性②」

年齢・未既婚「重要な属性②」

消費者金融各社は利用ターゲットを20代後半~30代の独身男性と置いています。


年齢

まず中心年齢がなぜ20代後半~30代なのかということですがそれは可処分所得的に最も多いと想定されるからです。
20代前半の不利な点は若すぎるため収入が少ないと見られるからです。
40代以降になると住宅ローン等を抱えている層が多くなるため不利になる面もあります。
また、40代以降であれば普通ならばそれなりの貯蓄をしてるはずなのに貯蓄ができていないと言う点で不利な評価になります。
まぁ、貯蓄ないから借りるんでしょうが・・・


独身・既婚

独身か既婚かというのがなぜ与信に関係があるかというと、それが可処分所得に直結するからです。
家族があると自由に使えるお金は当然制限されます。

従って同年齢であっても、「独身」と「既婚や子持ち」では大きな差があり「独身」が優遇されます。
最も年齢があまりにも行っているのに独身なのはそれはそれで怪しまれますが・・・

では次に電話番号についてご説明します。

職業は先ほどの本人確認書類の健康保険の項でも述べたように非常に重要です。

なぜなら職業によってその人の支払能力に差が出てくるからです。


↑ページトップ