トップページ >  住所・電話番号・勤務先「融資判断③」

住所・電話番号・勤務先「融資判断③」

住所の確認

まず最初の裏取りとして申込書に記入したあなたの住所が正しいのか確認されます。
住所は住宅地図を元にして調べられます。
住宅地図は一軒一軒、一戸一戸の建物名称・居住者名や番地を大縮尺の地図上に
詳しく表示されているものを使用しているため詳細に調べられます。
アパート・マンションの入居者名もわかります。
記入された申込書に記載している住所と名前が住宅地図上で確認できれば問題ありません。

ですから、情報が一致しない部分があると細かく調べられます。
なんとなく本当の住所を書きたくない気分になるのもわからなくはないですが、きちんと書いてください。

不審に感じた場合、
「○○さんの家の近くにある大学の名前はなんですか?」
と確認の質問をされたり、または、
「○○さんの家の近くに○○幼稚園(嘘の名前)ありますか?」
などとカマをかけられたりすることがあります。

また申し込みした際の身分証明書と一致しているかも確認されます。
引越しをしているなどの場合は運転免許証の書き換えをきちんと行っておく必要があります。

電話番号の確認

電話がきちんと繋がるかどうかは、重要な属性(電話番号)で述べたように、申込者との連絡手段として
大事なため非常に重視されます。

この段階で発生しうる問題として料金未払いで不通ということが上げられます。
お金ないから借りに来てるのはわかりますが、電話代ぐらいは払いましょう。

勤務先への在籍確認

記入したあなたの勤務先が本当に正しいものであるのか在籍確認をされます。
確認の際は消費者金融会社の名前で確認されることはありません。

「いつもお世話になっております。○○(消費者金融会社名)の○○(担当者)ですが
○○様(申込者)いらっしゃいますでしょうか。」
などと言う事はありえないので安心してください。
言われたら泣きますよね・・・

話者 内容
担当者 ○○(担当者)と申します。お仕事中すいませんが○○さん(申込者)いらっしゃいますか。
勤め先の人 ○○はただいま出先でした戻りが○時の予定になっております。
担当者 そうでございますか、また折り返しこちらからお電話いたします。ありがとうございます。
勤め先の人 よろしくお願いいたします。

とにもかくにも、勤め先にあなたが消費者金融からお金を借りようとしていることが
わからないように担当者は電話してくれます。
特殊な事情がある場合は前もってそれを相談しましょう。

派遣社員やパート・アルバイトの人は正社員ではないのでご注意ください。
また派遣社員の人の場合、在籍先はあくまで派遣会社になります。


↑ページトップ