トップページ >  他社借入れ件数による消費者金融

他社借入れ件数による消費者金融

消費者金融の審査の厳しさは企業の置かれているポジションや戦略に応じて変わります。

消費者金融で審査を積極的に行っている会社は、業界内での順位をあげる為に、市場シェア(貸出し残高)の拡大を積極的に目指している企業に多く見られます。

また企業規模から見た場合、大手・準大手消費者金融は中堅以下の消費者金融よりもブランド力が強いため審査は厳しい傾向にあります。

2007年1月度のアイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の成約率は約44%と厳しくなっています。半分以上の融資申込者が審査を拒絶されている計算になります。

複数の他社借入れ可能


貸金業協会の指導するところの自主規制基準では 「審査が甘い」、「柔軟な審査」、「ブラックでもOK」、「他社借入○社まで」、「債務一本化」、「どこよりも簡単」、「他店で断られた方」 等の言葉は使わないよう指導されています。


↑ページトップ